11月19日
活魚投入完了
乗船
長崎港着
水槽として畜養
11月20日
活魚生け簀へ(全量生息)
離島のため、輸送手段の関係から鮮魚でしかセリに出せなかった五島のイカ。アクロスファイブで輸送することで活魚でセリに出すことに成功!従来の3倍以上の値がつきました!

****
****

アクロスファイブに期待しています

志々伎漁業協同組合(長崎県平戸市)
後藤 正喜組合長

志々伎は主力であるヤリイカのほか、ヒラメや、タイ、ウチワエビ、アラ(クエ)などの高級魚も揚がる好漁場です。しかし近年、魚価がなかなか上がらず、それに加えて経費が増大しているために漁業者の所得が減少しています。そのため水揚げされた魚介類をできるだけ高値で売ることが目下の課題であり、私たちの任務です。鮮魚よりも活魚へのニーズが高い近年の傾向からすれば、イカを生きたまま遠方まで運べるアクロスファイブは大変画期的な装置ですね。これを使えばブランド化も進み、地元の漁業者、そして平戸全体が元気になると信じています。

主要諸元表

サイズ W1,700×H1,850×D1,500
本体重量800kg(乾燥時)
イカ輸送重量50kg(輸送水槽容量の6%)
商用電源AC100V
発電能力2.8kW(ガソリン)
 

構成部品

輸 送 水 槽830ℓ(断熱処理済みFRP製)
循環ポンプ輸送水の循環
物理ろ過装置2基(うろこ、糞等の固形分の除去 ※反応槽と兼務)
泡沫分離装置2基(輸送水に溶解している有機物を泡として除去)
海水電解装置海水電気分解によるアンモニア除去および輸送水の殺菌・脱色
(特許第5028566号)
活性炭槽2基(オキシダント分解)
ヒートポンプ式冷温水器冷却加温能力15〜25℃
高濃度酸素供給装置PSA方式、酸素発生能力90%以上、2ℓ/分
発電機28kW、単独運転用電源(コンセントを抜くと発電機給電に自動切替)
自動制御装置タッチパネル式(マニュアル操作も可)
UPS(無停電装置)電源トラブル時のプログラム保護機能

海水耐食性はどうですか?どの程度、何年くらい使えますか
ステンレス部品につきましては洗浄乾燥を行っていただければ10年以上は使用可能です。
ポンプなどの付帯機器につきましては、メンテナンスの良しあしで決まりますので、一概に耐用年数は申し上げられませんが、短くて1年長くて3年程度で積み替えとなると想定しております。
海イカ以外の魚類も運べますか。
粘液の多いアナゴ、ウナギ、ハモなど以外の活魚であれば、性能的にはどのような魚種にも対応できます。
1回に、どのくらいのイカを運べますか。
50㎏となります。
何kmまたは 何時間まで連続使用できますか。
輸送距離の設定は行っておりませんが、24時間を性能基準としております。しかしながら、個体のコンディションが大きく左右することから、それを保証するものではありません。
海水の浄化はどのようにして行なっているのですか。
海水を電気分解したときに発生する生成物とアンモニアを反応させて無害化しています。また、微細な泡に有機物を取り込み海水中から取り除く泡沫分離装置によって、粘液や糞などを海水から取り出しています。
最長使用時間での、これまでの平均生存率は何%くらいですか。
24時間連続輸送で生存率95%以上を記録しています。
イカが死んだら、すぐ判りますか。とのようにして発見しますか。
基本的に1~2時間に一度は確認窓からの生態確認を推奨しています。窓から確認することによりイカの生死などの状態はわかります。もし死んだ個体があっても特に他のイカに対して影響がないのであれば、できるだけ水槽内を刺激しないよう、そのまま放置するほうがよいでしょう。
主な維持費は、どのくらいかかりますか。
メンテナンス費用として年間5~6万円をご用意ください。
活性炭の交換やホース類の交換配管の交換などがこの費用で賄えると思います。
取扱いマニュアルはありますか。
ご用意しております。
保守やトラブル対応マニュアルはありますか。
ご用意しております。
故障したときはどこで修理できますか。
弊社契約代理店、もしくは漁協様にご相談ください。

その他、ご質問等ありましたらお気軽にお電話、または当サイト最下部のお問い合わせフォームからお問い合わせください。

漁業者様だけでなく次のような方にもおすすめです!
運送業者様
取扱貨物の種類を増やしたい
活きイカ運搬を依頼
効率的なイカの運搬方法
飲食業者様
活きイカを安く提供して差別化を図りたい
活きイカを提供して客単価を上げたい
活きイカを看板メニューにしたい

弊社のご案内

株式会社古川電機製作所

弊社は昭和23年、自動車の電装機器整備会社としてスタート。
そこで培った技術を活かし「畜養水槽(生け簀)」や防犯カメラシステムの開発なども行っています。

社名株式会社古川電機製作所
代表者代表取締役 古川健
住所〒857-1165 長崎県佐世保市大和町845番地
電話0956-31-3123
FAX0956-32-7910
資本金20,000,000円
設立昭和23年(1948)7月27日
従業員数72名(平成26年12月31日現在)
対応地域全国対応
対応時間電話受付9:00−18:00(平日のみ)

代表取締役 古川 健

北海道に次ぐ漁獲高を誇る長崎県で培った技術・ノウハウの粋を集めて完成したアクロスファイブ。
全国のイカ漁業者のみなさんの高収益化・ブランド化にお役に立てると確信しています。


開発室チーフ 山口 徳親

これからの時代は価格の変動が大きい鮮魚だけでなく、高値で安定する活魚も販売することで経営が安定します。ぜひ導入ください!

イカ漁業者の皆さん、高価な活魚車は不要です!
ご購入・お問い合わせは下記のフォームよりお願いします。
お名前(必須)
会社・団体名(必須)
ご住所 -
お電話番号 - -
メールアドレス(必須)
お問い合せの種類(必須)
お問い合わせの内容

0956313123